2011年05月23日

財布の買い換え

IMG_2668.JPG


と言っても買い換えたのは3月5日で、だーいぶ日が経ってしまいました。行ってきたのは京都にあります土屋鞄製造所。ここのお店はたまたまネットを徘徊している時に見つけて良さそうだなと思っていて、今度買い換えるならここの財布にしようと前から決めておりました。いろんな種類の革製品がありましたよー。今回は財布だけだったのですが、バックとか良かったなぁ。ほしいなぁ。


と、その前に約10年使い続けた財布も記念に残しておきたくて写真を撮りました。

image-20110523083825.png

一見まだ使えそうな感じがしますが、ボタンもゆるゆるだし中がボロボロ。よく頑張ってくれました。10年間どうもありがとう!



image-20110523083833.png

そして今回買ったのがこちら。もういっぱい傷がついてしまっていますが。シンプルー。
ただこの新財布、小銭入れが小さくてスーパーなんかの日常のお買い物がちょいと不便なんです。。

なので、小銭入れを別に持つことにしました。
カバンに財布と小銭入れ2つ入れるのを考えて、厚みがないもの、お札も入れられて、小銭もたくさん入り、取り出しやすく、少しのカードなんかも入れられるもの・・・と、ありったけの条件を出してたどり着いたのがこちら。


image-20110523181615.png

レスポートサック。シンプルな財布に反動して小銭入れは派手。お札も折らずに入りますし良い感じ♪ちょっとした買い物だけだとこれだけ持って出かけます。


そんな訳で私のお財布ライフはとても快適なものとなりました〜。


image-20110523083841.png

そしてですね、この財布、1年経つと右側のような色に変化するんですって。使えば使うほど味が出るつうことですよ。今付いている傷も味のうち。うふふ。一年後が楽しみです♪







posted by ikunee at 08:39 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
革製品は使っていくうちに色合いが変わっていくのがいいですよね。
2002年に梅田の大丸で購入した吉田かばんのパスケースを使ってますが、当時はつやのない茶色が買ったワインレッドだったのが、艶々の黒みがかったワインレッドになってます。
まぁ、カードを詰め込みすぎてぼろぼろではありますが(^^;←同じタイプはもう生産も販売もないそうです
Posted by haguremobiler at 2011年05月23日 20:43
haguremobilerさんへ

コメントありがとうございます。
色合いが変わるのが革製品の魅力ですよね!
2002年ということはもう10年ですね〜。それは深い色になってそうです。
カードは気がついたら増えてますよね。私も気を付けないとすぐ増えます(笑)
Posted by ikunee at 2011年05月23日 21:28
「艶々の黒みがかったワインレッド」
って自分でよくイメージできませんでしたが(^^;
身近な例がありました。

阪急電車の車体色に(近く)なるんです、吉田かばんのサイトで「ボルドー」となっている、つやのないワインレッドが。
もっと使っていくと、黒が強くなります(^^;
エタノールで拭いたら最悪なことになりますが←パスケースの一部がそれでとんでもないことになってます(^^;
Posted by haguremobiler at 2011年06月05日 01:42
haguremobilerさんへ

なるほど。阪急電車の色に近くなるんですね。
今度機会があったらじっくり見てみますw
革って不思議ですねー。
Posted by ikunee at 2011年06月05日 08:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。